<< スメタンカ       ―Smetanka―    / main / ☆ツキフネラグーン☆〜夏の夜のColumn〜 >>

   カマレロ     ―Camarero―  

 【 カ マ レ ロ

   〜56の栄光

世界競馬史上
  最多連勝記録保持馬




父サーティーン
母フリントメイド
母父フリントショット

生年:1953年
性別:牡(セン馬)
毛色:黒鹿毛
国籍:プエルトリコ
生涯成績:77戦73勝[73-2-0-2]

カリブ海周辺に浮かぶ島々の競馬は海風に吹かれ、潮騒に耳を傾けながら多種多様な名馬を贈り出してきた。それはジャイマイカへと降舞し、三冠馬となった奇蹟の魔法少女シンプリィーマジック…英領ヴァージン諸島に出現しサイテーションの連勝記録を登攀したアクトスペクテーション…さらには世界競馬史上唯一・双子の牡と牝から生まれた(つまり血統中すべてがクロスされている)グレナダ島の牝馬マーメイド…さらにはセントヴィンセント・グレナディーンに生を授かり、カリブ海域を転戦したレジェンド…ドミニカ調教馬として始めてカリブダービーを制したシコティコ…。
とりわけ、プエルトリコには驚愕の競走成績を紡ぎ上げた伝説の名馬たちが競馬の神に召喚されるかのように誕生。159戦137勝のガルゴジュニア、324戦197勝のコリスバールら世界最多勝利記録を打ち立てた偉大な2頭…そして世界競馬史上に残る名馬と言えば、やはりカマレロということになろう。
何しろ残し去ったその戦歴があまりにも凄まじい。唯一無二の閃光を今もなお解き放っている。77戦73勝…この勝率も歴史的ものに違いないが、史実に残るこの記録の前にはあらゆる記録が影へと埋没してしまう――。

猝鞠圓56連勝

あのハンガリー奇跡の名牝キンツェムの54戦全勝をも凌駕するという、俄かにはとても信じられない大記録。この記録は今だ破られていない。近代競馬において無敗のまま勝ち続けるということは不可能に近く、日本記録も地方競馬の19連勝、国営時代のシュンエイがマークした20連勝が最高であることからも、この56連勝神話を崩壊させることは、もはや到底たどり着く事のできない世界の果ての話のような感覚である。


  
〔56連勝記録時の記念撮影〕

勝ち続けるということは、何よりも難しい。他の競技に準えて見れば、なおのことカマレロのレコードは輝きをましてゆく――。例えば、プロ野球の連勝記録は「18」。南海ホークス(現ソフトバンクホークス)が記録した1954年8月22日〜9月21日のものと、千葉ロッテマリーンズの前身である大毎オリオンズ(1960.6.5〜29、1引き分け挟む)の18連勝が最高とされている。またサッカーの代表チームでは2009年にスペイン代表が記録した「15」連勝というもの。あの憎たらしいほど強い朝青龍でも「35」連勝が最高なのだから、やはり56連勝というのは出色のものだ。競馬においてはなおのこと、何人(馬?)たりとも侵犯することを許さぬ神の領域と言っても過言ではない。


  
〔無敵艦隊スペイン。ユーロ優勝を境にチームは完成された〕


          
〔50戦全勝。伝説のボクサー、ロッキー・マルシアーノ。これもとてつもない記録だ。あの映画『ロッキー』のモデルにもなった人物である〕


カマレロがデビューしたのは1953年で、この年だけで早くも18連勝。さぁこの時点でサイテーションやサイレントウィットネスの記録を抜いてしまった。もちろん世界の一線級で記録した2頭と同列に扱えないのは百も承知だが、敢えて引用させて頂きたい。翌1954年はプエルトリコ三冠を含み19連勝、通算37連勝!そうして迎えた世紀の瞬間…1955年、ついにカマレロは76年の時空を超え、歴代最多連勝を達成。小さな競馬場へと詰め掛けた大勢の人々が、喜色満面の笑みで、祝福の声と拍手とを、このポニーのように小さな競走馬へと捧げた――。


   
〔カマレロの本。あまりの活躍ぶりにプエルトリコでは国民的英雄に〕

この年は32戦して29勝。はじめて敗れてしまった時は、競馬場全体が沈黙に包まれ、皆沈鬱な表情で項垂れていたという。
1956年は8戦して7勝。さぁもう一度連勝記録を重ねようか…という時だった。あまりの連戦に疲れ果ててしまったのか、カマレロはキンタナ競馬場の馬房の中、グッタリと横たわり、ピクリとも動かなくなってしまった。詳しい死因は不明なのだが、過労により誘発された疾病による死亡だったのではないかと言われている。

カマレロは“給仕”という意味で、その名の通り、ただひたすら従順なるままに人に尽くし果たした馬だった。彼は56の栄光瓩寮茲鵬燭鮓たのだろうか――。

カマレロはいま、競馬場にその名を刻み、さらにはレース名にもその名を残し、銅像へと姿を変え、“56”の、その先へと進もうとする勇者の来訪を心待ちにしている。



〔そっと佇むカマレロの銅像〕


永遠と打ち寄せる漣…
白い砂浜をそよぐ微風…




世界競馬史に燦然と煌く奇蹟の残光…
偉大なるカマレロの神話を、ここに記す――…・・・。

奇跡の名馬 (中米・カリブ海の名馬) * 05:35 * - * - *

スポンサーサイト

- * 05:35 * - * - *