<< ディープインパクト―Deep Impact― / main / 第89回 凱旋門賞 >>

『奇跡の名馬』

 奇跡名馬

著者:兼目
共著:大岡一郎

【ピープレス出版】
価格:¥2,800(税込み)
ソフトカバー・全588P
2010年830日発売

・序章・

第一章
「一瞬」

第二章
「悲劇」

第三章
「女傑」

第四章
「伝説」

第五章
「天才」

第六章
「飛翔」

第七章
「熱砂」

第八章
「息吹」

・最終章・
「奇跡の名馬」

以上、10の章に分け全111頭を紹介。また10本のスペシャルコラムにおいても多種多彩な名馬を紹介するとともに様々な馬のエピソードを展開。また、巻末には世界記録集と、最強馬・語り継ぎたい名馬のダブルアンケート結果も掲載。資料価値の高い一冊に仕上がっている。

出版本・協力・参考文献 * 07:21 * comments(21) * - *

スポンサーサイト

- * 07:21 * - * - *

Comment

『優駿』において発売されたことを知りました。
今から近場の本屋で発注かけてきます。
(Amazonしかなければそちらで。地元貢献優先!)
皆さんの評価を見るにつれて、
なぜ早く発売に気づかなかったのかと後悔しております。
『世界の名馬』や『伝説の名馬』等と並べて愛蔵したいですね。

奇異光芒 * 2010/09/25 6:45 PM

マッサ・イーンさん、イケズキさん、いさなさん、公式さん、驫さん、ワックさん、としさん、本当に本当に有難いお言葉の数々、ありがとうございます。

多くの方からの嬉しい声に、心の琴線を爪弾かれるような、言葉には出来ない幸せな…夢見心地の時間に浸らせて頂きました。本当にありがとうございます。


本日、横浜市立図書館に寄贈させて頂きました。
横浜WINSや馬の博物館、根岸競馬場跡地を訪れた方はもちろん、みなとみらいや中華街へお越しになった方も、お時間ありましたら、ぜひ図書館へお立ち寄りください。

私はいま、次なる目標と夢を掲げ、その目的地へと向かうための…競走馬で言うところのオーバーホールに出ております。GI戦線が始まる頃、凱旋門賞終了後あたりからブログの執筆再開をさせて頂こうと思っております(もちろん、予想はアップ致します)。

それでは、また!(^▽^)ノシ

P.S
日曜のヴィジャイ、リフトザウイングスのデビューが待ち切れず、軽い興奮状態です(笑)。

umineko * 2010/09/17 11:45 PM

発売おめでとうございます\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/

やっと届いたので今から読みます(^ω^)

わっく * 2010/09/11 8:07 AM

 “奇跡の名馬”読ませていただきました。
 素晴らしいの一言です。
 
 他の馬に関する本と比べても見劣りしないどころか一際輝いて見えますよ。
 私は今大学で馬に関する研究をしているので、是非仲間達にも読んでいただこうと思います。

驫 * 2010/09/07 12:46 AM

やっと本が届きました
ボリュームが凄いですね
じっくり読みたいと思います
発売おめでとうございます

公式 * 2010/09/07 12:12 AM

初めまして、いつも記事を読ませて頂いております。
奇跡の名馬、ようやく届きました(^^)
やはりド田舎は到着が遅れますね、待ち遠しかったです…
じっくり読ませてもらいます、発売おめでとうございます!

いさな * 2010/09/06 7:19 PM

昨日、ようやくうちにも届きました。
まだちらっとしか見てませんが…凄いボリュームですね。
ゆっくりじっくり、楽しまさせていただきます。

イケズキ * 2010/09/06 11:47 AM

今日、漸く届きました!!いや〜、本当に厚い本で驚きましたf^_^;
さらっと読むつもりが、気付いたら一時間も経っていました…素晴らしい本です。これから、ゆっくりと読ませて頂きますm(_ _)m

マッサ・イーン * 2010/09/05 11:11 PM

皆様…ありがとうございます。
無事手元に届いて本当に良かったです♪

もう皆様のもったいない、ありがたきお言葉の数々が胸にしみて…目頭が熱くなりました。
「感動する」…というのはこの事を言うのでしょう。
本当にこの本を作ってよかったなぁ…と心の底から感知感激しております。

きっと至らない表現もあるでしょう。
どうしてこの馬が収録されてないの?…という疑念を抱かれる方もいるかもしれません。

どうか、寛大なるお心で…お許しください…

でも――…・・・

この本は、『うみねこ博物館』を日々ご愛読頂いている皆様と、馬を愛するすべての人への想いを全て詰め込んだ一冊になっているはずです。
皆様がかけてくれた、励ましや応援の言葉一つ一つが、その証を示す最高の勲章です。

それゆえに、私はこの本が犧嚢盞羣遶瓩世函確信しています。

大きな夢が叶いました。
心友に誓った約束が果たせました。

でも
これで終わりではありません。

一つの巨夢が現実のものとなり、はじめて新しい夢が芽生え始めています。
きっとそれは近い未来、また別な形で皆様に第二の『奇跡』を届けることにより、明らかになるものだと思います。

本当にありがとうございました。
これからも、どうか末永く、あたたかな眼差しで、時には叱咤激励を…何卒宜しくお願い致します。

それでは…また!
(^▽^)ノ*★

umineko * 2010/09/05 7:13 AM

発売おめでとうございます。
本日私のところにも届きました。
これから1頭1頭噛み締めながら読みたいと思います。

ヤスダ * 2010/09/03 11:19 PM

発売おめでとうございます。
遂に自分のところにも届きました。これから、じっくり読ませて頂きます。
競馬著書のコレクションとして大事な1冊になりそうです。

T.K * 2010/09/03 9:16 PM

発売おめでとうございます。
今日やっと手元に届きました(・∀・)
今夜じっくりと読みたいと思います!
一生大切にさせて頂きます、素晴らしい本をありがとうございました!

つぶ貝 * 2010/09/03 7:51 PM

たった今、私のとこへも届きました!!!
これは読みごたえありますな〜☆
今日誕生日なんで、ホント嬉しいです!!!

朝日 * 2010/09/03 4:52 PM

ついに手元に届きました!
早速読みたいと思います(^w^)
うみねこさん、こんなに素晴らしい文献を造り上げていただいて本当にありがとうございます(≧∇≦)

win * 2010/09/03 2:17 PM

ビーンさん、ありがとうございます!

本ですが、増刷しましたので、恐らくまだ購入可能かと思います。

ただ一回目の予約ですでに86冊の注文を頂いておりますので、残りは約40冊あるかないか…。
ですので、取り急ぎアマゾンさんへアクセスして、ご購入してみてくださいね
(^з^)-☆

Umineko * 2010/09/03 8:45 AM

遅れましたが発売おめでとうございます。

本むっちゃ欲しいのですが入手出来ますか?

ビーン * 2010/09/03 7:56 AM

朝日さん、ありがとうございます!

もうホンと、ご遠慮などなさらず、どうぞ大胆に毎日でも見てやってください(笑)。
本当にご愛読、ありがとうございます。

さて…本の到着待ち遠しいですよね♪
どうぞご期待の上、もう少々お待ちくださいね。

本の中の誤表記…誤字を見つけたりしておもいっきり凹んでおります(笑)。あれだけ何遍も読み返して確認しても、やっぱりどこかに不具合って残るんですね…。
後程、正誤対照表などを書き記そうと思っております。
読み苦しいと感じる点も多々あるかもしれませんが、どうかご容赦くださいませ…。

それでは、また!

umineko * 2010/09/01 4:38 AM

発売&サイトリニューアルおめでとうございます(´∀`)
これからもひっそりと‥‥いや、大胆に通わせていただきます(@゚▽゚@)

奇跡の名馬‥‥届くの待ち遠しい(´∀`)

朝日 * 2010/08/31 7:25 AM

たぬさん、winさん、ありがとうございます!

たぬさん、このコメント欄は、質問等に使って頂いても全然結構ですよ(*^-')b
何かありましたら、いつでも気軽に使ってくださいねq(^-^q)

さて…ご購入はアマゾンさんからで、宜しくお願い致します。(*^ー^)ノ♪
携帯のみの読者様、お客様の為にも他の購入方も考えてみたのですが…結局これしか無いようで…。

そうそう、今日本を手にとってみたのですが、分厚さに自分でも度肝抜かれました(゚〜゚;)

でも見た目より全然軽くてビックリ!
何でも軽いがしっかりした特殊な紙を使ってくださったみたいで、手触り感もサラサラして好感が持てる仕上がりとなっています。

ご予約くださった皆様、もうすぐ届くと思いますので、引き続きご期待くださいね〜(o^-')b

それでは、また!

うみねこ * 2010/08/30 10:54 PM

いよいよ発売ですね!
おめでとうございますo(^-^)o

win * 2010/08/30 10:26 PM


発売おめでとうございます。
いつも楽しく見させて頂いてます。
以前奇跡の名馬の購入方法を
書いて頂いてたと思うのですが
Amazonから買うので
大丈夫でしょうか?

コメント欄にすみません
携帯からなのでメッセージの
送り方が分かりませんでした。
すみません。

たぬ * 2010/08/30 10:20 PM

Submit Comment