<< 青い一角(つの)のギャロップ / main / 第71回 菊花賞 >>

アルバ ― Alba ―

  【

  〜アカツキ騎士

―たった一つの
    瑕疵が生む神話―



父 ウォーレンシュタイン
母 アラビス
母父 アードパトリック

生年:1927年
性別:牡
毛色:鹿毛
国籍:西ドイツ
生涯成績:12戦11勝[11-1-0-0]
主な勝鞍:ドイツ二冠〔ドイツダービー、メール・ミュンヘンス・レネン(ドイツ2000ギニー)〕、ヘンケルレネン、ウニオンレネン、F・シュテンベルグレネン、バーデン大賞ほか


夜明け来たりて…

夕暮れ・黄昏時は現代(イマ)でこそ美麗なる景観にも見て取れるが、万古の時世、この時間帯は猖皚瓩了間帯であったという。“逢魔が時”とも呼称される夕闇の時刻。薄暗の中、出会った相手が妖怪変化や幽霊でないか確かめるため問うた言葉が、「誰そ彼?(たれぞかれ)」で、ここから「たそがれ」へと言葉は姿を変遷させたのだと聞いたことがある。それ位真っ暗な闇の立ちこめた世界、それは未来への不安でこの世界がいっぱいになったような遣る瀬無い魔刻であったのだろう。それとは対照的に、曙光が世界を光で満たし出す夜明けは、希望で立ち込めた時間だったのだろうか。
いや…少なくとも、中世の世界、逢瀬を重ねた恋人たちにとっては、太陽が昇り始めるこの時間はこの世の終わりのような“悲愴”な時…いわば牋ス鎰瓩箸發箸譴觸峇屬世辰燭茲Δ任△襦それがAlba〔アルバ〕瓩箸いΩ斥佞防印され、その言葉の真意をイマへと伝えている。「アルバ」…とは、「日の出、夜明け」の意味であり、その由来はオック語で綴られたトルバドゥールの抒情詩の中にある。この詩吟が唄うは“許されざるロマンス…永遠の愛を契る二人…そして一夜を明かしての別れを告げる騎士から淑女への切望”…それを歌ったものであり、二人は夜明けと共に元の生活へと帰ることを余儀なくされていた…。こうしてみるとこの詩、悲恋の歌詞と思えてくるが実は、お互いに伴侶がおり、パートナーに秘密で姦通するという、現代人にもありがちな(?)淫話なのである。





ドイツ競馬黄金時代
1929年にウォール街から渦を広げ、世界を闇に飲み込んだ世界恐慌は、暗澹たる絶望の時代のはじまりを告げる死神のようだった。連環して不幸の連鎖を続ける世界を他所に、ドイツ競馬の皇帝オレアンダーはバーデン大賞三連覇を成し遂げ、凱旋門賞でも3着健闘。ドイツ最古の歴史を持つシュレンダーハン牧場の黄金期をそのままにした名馬であり、ドイツ競馬全体を光の満ちた未来へと先導する使者そのものであった。
皇帝オレアンダーが去った翌年、新たなる時代の夜明けとばかりに、臨世したのが本馬アルバである。
首差しも短く、差たる特徴もアピールポイントも無いかのような存在だったが、アルバの中で、着実にギラギラと燃え滾る太陽が夜明けを迎えていた。
競馬場へと参陣するや、龍が翔ぶがごとくのパフォーマンスで連勝開始。隙の無いパーフェクトなレースぶりでドイツ二冠を完遂すると、もはや敵無しと古馬をも圧倒。ドイツ競馬の最高峰・バーデン大賞をも大楽勝し、オレアンダーから続くシュレンダーハン牧場のバーデン大賞四連覇を飾ることにも成功したのである。
ところがである…逃げ馬を軽率に扱ったことから逃げ切りを許してしまい、生涯ただ一度にして唯一の敗戦を喫してしまったことは玉に瑕としか言い様が無い。


〔世界的名馬唯一の玻赱哭瓠弔修譴浪浸の世も逃げ馬が作り出したものだった。ブリガディアジェラド(写真左上)、マンノウォー(写真左下)、シーバード(写真右上)、ネイティヴダンサー(写真右下)〕

アルバはドイツ競馬における最多連対記録保持馬であり、その潜在能力はオレアンダーにも引けをとらない…いやそれ以上のものを包括していたのではないかと思える神威的パフォーマンスも見せていた。「たった一度の敗戦」と言うと思い起こされるのが上記に挙げた歴史的名馬たちである。他にもシスオンバイやリール、などが挙げられる。そのたった一回の失敗が無敗の名馬という無限の深淵から遠のけてしまったことは間違いない…しかし、そのたった一度の過ちが、無敗以上の浪漫と記憶の桃源郷へと誘う記号へと変化することも、間違いなかろう。
世界に散在する爛▲襯亅瓩砲盒δ鵡爐一つある。
詩の中には「guaita」(見張り、番人)と呼ばれる、恋人たちに別れの時が来たことを告げる女性の友人が出てくるのだが、guaitaは居眠りをしてしまったり、二人へ別れを告げる時刻が早かったりするなど、何らかの失態を犯してしまっているのだ。

ドイツ競馬不滅の名馬アルバ。
狂乱と戦火の中、跳躍した伝説騎士の面影を記憶に留めたい。

夜明け前。
静かに胎動するこの街へ、暁光が差し込む。
不安と希望が混交交差するオレンジスカイに映えるは、いつの日かの恋憶がその正体なのかもしれない――…。

   

奇跡の名馬 (仏国・独国・伊国・愛国の名馬) * 05:22 * - * - *

スポンサーサイト

- * 05:22 * - * - *