<< 『夜荒らしの名馬』 / main / ロバのパン屋さん 〜【GI予想の小部屋】 >>

シアン・メモリー


 
  記憶

〜空のように、
    海のように〜

サンタローサの女王”、
 南カリブ海洋
   史上最強牝馬

ジャヴァゴールド
ペットコーク
母父 ギボウリー

生年:1991年
性別:牝
毛色;鹿毛
調教国:
トリニダード・トバゴ
生涯成績:32戦19勝
主な勝鞍:ゴールドカップ(GI/2回)、プレジデンツカップ(GI)、アリマ・レースクラブカップ(GI/2回)、インディペンデンスカップ(GI/2回)、ステュワードカップ(GI/2回)、クイーンズプレート(G2)、ダイアモンドS(G2)、シャンペンS(G2)ほか

遙炎なる太陽が海を焦がす―――
陽炎たつ、さとうきびの坂道…麦わら帽子の黒肌少女…
ここは南カリブ海洋のとある島。

この島に20世紀末、人々の心を照らし太陽の天使となった偉大な女傑が瞠若と屹立していた。
そう、21世紀初頭、我々がウオッカという現代の卑弥呼と邂逅を果たし、彼女を畏敬の念を持って見つめ続けていたあの時のように――。
爛汽鵐織蹇璽気僚王瓩秘霹された歴史的名馬。

“シアンズゴールド”が彼女の名前である。


記録を伝い、当時の想念をトレースしてゆく。

現在では彼女の名を記念したレースまで創設されている。
この事実からも、彼女が並大抵の名馬の枠におさまる存在でないことは瞬天的に理解できた。

「!!…これは凄い馬だ。なんて牝馬だ…」

それ以外の言葉が過去の彼方へと放墜されてしまうことが、以下にあげる記録を見て頂ければご理解頂けるものと、私は確信している。



シアンズゴールド

 打ち立てた記録集


「年度代表馬」、「最優秀スプリンター」、「最優秀ステイヤー」三部門に同時選出される。
「スプリンター」と「ステイヤー」が同一馬だったのは、同国史上初の偉業

1994年年間7戦7勝。しかも1,200〜2,000の全GI級を勝利しての価値あるもの。
ちなみに同年に1,200と2,000のGIを勝った馬は、シアンが史上初

牝馬でGI9勝は同国最多。

多種多彩な距離でレコードをマーク。

記録したレコードの内、3つが2012年現在でも、いまだ健在。破られる気配がない。


〔▲キティーギル号。83勝を記録したと言われるトリニダード伝説のハーフブレッド。パナマへと殴り込み勝ちまくっていたらしい。〕


青い海と青い空がどこまでも広がる大海原。
彼女もこの海を、そしてこの空を見つめていたのだろうか――…。
日本がナリタブライアンの快進撃に湧いていた時、まさに同時進行で、蒼き女神の神話は創世されていった。カリブ海の青を背景に。

 
耳をすませばすぐそこに。
いまも聞こえる青のキヲク。

   
水面に反射し、煌き跳ねる光のピルエットに、呼び覚まされる風の歌。

ラムネの中転がる紺壁のガラス玉の中に閉じ込められたかのような伝説の名馬。

南カリブの空と海を愛した女傑。
彼女の記録は空色の記憶。

未来永劫に広がり続ける空と海のように、シアン・メモリーはいつもでも、そしてどこまでも、ずっとずっと、つづいてゆく―――。

     

奇跡の名馬 (中米・カリブ海の名馬) * 00:31 * comments(0) * - *

スポンサーサイト

- * 00:31 * - * - *

Comment

Submit Comment