<< ブルースオンザルース ―Bruce on the loose― / main / クリスタルスノー★ホーリーナイト 〜聖なる冬の街角で〜【2014Misora最終コラム】 >>

闇馬トリビア

トリビア


ここでは助手の美空に紹介を任せられないような、危険な描写・性的描写を孕む馬・競馬トリビアをご紹介させて頂きます。



都市伝説
  トリビアNo.228

(ロバ)
  レイプして
処刑になった男がいる
」◇

※イメージです。

馬は、その昔、拷問にも利用されていた。
その中の一つに、女性受刑者に対し強姦させる…すなわち獣姦させるというものがあった。
しかし、その傍ら獣姦をした者に対しては異常性交、悪魔崇拝の対象だとして厳罰…極刑が下されている社会風潮が常でもあった。また当時は何の罪もない動物とて獣姦された際には獣姦した者の目の前で火あぶりや銃殺、刺殺され命を落としていたという。

そんな黒歴史の中、唯一救われたロバがいる。
1750年のフランス、ジャック・フェロンという男は雌のロバと性交しているところを見つかり、死刑判決を受けた。
普通なら同様に処刑されるはずのロバは、なんと無罪の判決が言い渡された。
ロバは暴力行為の被害者で、フェロンの欲望に嫌々屈したに過ぎない…というのがその理由で、決め手となったのが宗教団体一語であった。
「そのロバは言行ともに、申し分ないほど誠実」…という証言が判決の決定打となったらしい…。

(笑)。ロバがしゃべるんかい(笑)。
ともかく殺されずに良かったですが…。


※(人間に置き換えての)イメージ。

トリビア * 08:12 * comments(0) * - *

スポンサーサイト

- * 08:12 * - * - *

Comment

Submit Comment