<< コリスバール―Chorisbar―狄拭Υ饑廚量焦廊 / main / 2016Classic未来回帰線〜2015-2016クラシックランキング最終〜 >>

地福のトイトイ

地福トイトイ

山口県山口市阿東地福の集落一帯に古くから伝わる民俗行事。
小正月の夜、毎年1月14日に子供たちが藁で作った縁起物の馬の人形(藁馬)を
持って各戸を巡り、笊に入れた藁馬を玄関口に置いて、「トイトーイ!」と
声をかけて隠れる。
家人は藁馬の返礼として笊に菓子や餅を入れる。
子供たちは家人に見つからないようこれを回収して帰るが、
この時、家の者に見つかってはいけない。
見つかると水をかけられる。この水がかかると、縁起が悪い、風邪を引くと言われている。
2012年、国の重要無形民俗文化財に指定された。


▲〔地福の集落〕

【“といとい”の起源】

その濫觴は江戸時代中期、各地の村落の辻に、建立が流行した道祖神に因む物だとされる。
1月14日、村人が道祖神の周囲の草を刈り、道祖神を洗い清めた。
その日、子供たちは大きな藁馬を作り、これを台車に乗せて道祖神に参拝したという。
大人たちはこの労を労うべく、餅、菓子、果物でもてなしたとされる。
後に、この道祖神祭りは各戸にて行われるようになっていったらしい。


美空
「なぜ藁馬なんですか?調べてきました??」

●なぜ藁馬なのか?
民俗学的に、馬は神の依り代という記号である。
馬は武士や高貴な貴族の乗り物であり、イコール神の乗り物と考えられてきた。
神が乗ってやってくる神聖な者という認識がある。
しかし、馬を収める訳にもいかない。
そこで絵馬や藁馬の存在が希求されてくるのである。

土着の農耕馬への感謝を込めての祭事ゆえ。
戦前にはこの地でもたくさんの馬が飼われていたという。
古の頃より、人に寄り添ってきた馬たちへの感謝、謝辞の
念を込めて、五穀豊穣を祈るため。

昭和初期頃まで、家々それぞれで馬を飼っていたが、そうした馬が納屋を放れ、
他家の門口から入っていくと、「入駒」といって大層喜んだという。
この祭事はそれに端を発するものと伝えられている。

※ちなみに牛が入り込んでくると良くない、縁起が悪い、人が死ぬと言われ、
 実際に牛が入り込んだ家では不吉な不幸が舞い込んだ。
 (三ヶ月の間に家族を2人も亡くされた方からお話を聴きました)

以上の3つの理由が主として挙げられると思われるが、おそらくはの
意向が強いと推考される。

以前は山口県、中国地方の島根、広島の沿岸部を除くほぼ全域、
農山間部を中心として盛んに行われていたという。
しかし、いずれの地域でも廃れ、地福にのみ伝わるものが最後の民俗と言われる。


夕方18時、宵闇に村落が包まれた後、子供たちが公民館に集合し、
といといが始まる。


出発時の様子。私うみねこも同席させて頂きました。
この日は山口新聞の記者さん、香川県から民俗資料館の方が1名、
そしてその他の記者の方が2〜3名という取材陣でした。


民家の玄関前に置かれた藁馬。「といとい」の歴史を遡及していくと、
いまとは違ったルールが設けられていたことが多々見られる。
幾つか挙げておきたい。

・昔は水を掛けられた方が縁起が良かったこともある。
→もともと子供の行事として昼間に行われていたが、
青年らが農事用の手縄などを夜間に行うようになり、
「水掛」が始まり、以降夜間に移っていったらしい。
「水をかけてやった」「上手くよけた」などと、
駆け引きを楽しんでいたという。
水を一杯かけられた者はその年、水利が良いと言われた。

・大人の回る地域もあった。

・藁馬ではなく、絵に描いた馬を使っていた時もある。

・一部の部落で子供たちが勝手に行っていたが、
廃れるのは勿体無いということで、子ども会が立ち上げられ、
今の形の民俗文化が引き継がれていった。


それでは、2016年1月14日に行われた「といとい」の模様を
ご覧頂こう。

(撮影:うみねこ)




といといが終わると公民館へ再度集合し、頂いたお菓子を
みんなで分け合い、温かいお茶、お汁粉、沢庵などが子供たちへ振舞われる。
(私も頂きました。とっても美味しかったです。本当にありがとうございました)

   
▲〔「ほほえみの郷 トイトイ」。平成22年2月、地区内唯一のスーパーが撤退し、住民の不安が高まったことをきっかけに、世代を超えて話し合いの場を持ち、多くの住民の協力(資金面を含めて)により開設された。現在では、多くの高齢者の方々が若いリーダーと一緒に「地域スーパー、交流スペース、移動販売、ごようきき」などの事業を展開されており、地域の暮らしを支えている。NPO法人。施設の中には会議の出来るスペースや休憩できる場所も設けられている。地域憩いの場所である。

馬の関わる民俗祭事を研究する者として、実際に参加し、
リアルタイムで肌で感じることのできたこの経験は、何物にも代えがたく、
私の馬研究人生においても、貴重な宝物となりました。
子供達の元気な「といとーい!」「ありがとうございました!」の声に、
元気と幸せを貰った気がします。
 
日本人が忘れつつある、連れ添ってきた古の愛馬たちの記憶、
人と馬との絆のあたたかさを感じれる、日本の宝といっても過言ではない
民俗祭事であると確信致しました。
 
お汁粉を一緒に頂いた際には、自分の小さい頃、母郷の栃木で行われていた
民俗祭事の「どんど焼き」を思い出しました。
懐かしい人のあたたかさが地福にはあるのだと思います。
 
私も及ばずならがら、次回作の出版本にて「といとい」の記録と記憶を綴り、
未来へと伝えていきたいと思います。
またいつか、「といとい」を見に、そして子供達に会いに地福へ伺えたらと思います。
本当に色々とありがとうございました。

   
 

展示室 * 01:20 * comments(0) * - *

スポンサーサイト

- * 01:20 * - * - *

Comment

Submit Comment