<< 凱旋門賞に抱く想い 〜ベツレヘム彗星〜 / main / カロッツァ >>

“Nexus-Circle” 〜ディープインパクトへ懸ける想い〜


  ☆Nexus-Circle☆
〜ディープインパクトへ懸ける想い〜


『ディープインパクト』…彼のような奇跡の存在に出逢えたこと…もうそれは言葉に変えて表現することなど、とてもできない。敢えて表現するならば、「神様が与えてくださった“真(深)奇跡”という名の贈り物」…そして我々一人一人は、爛妊ープインパクトとの邂逅瓩箸いΑ△△泙蠅砲盥せな時間に生きることを許された、時の人なのである。このような至福の巡り逢いが起こりえる確率は、計り知れない程の天文学的な数値として算出されてくる。
デビュー戦から圧倒的1番人気に推され続け、無敗のまま三冠馬に輝き、日本最強馬として世界最高峰の舞台へ…。こんなスーパーホースにずっと逢いたいと、私は願い続けていた。いや、私だけではなく、誰しもが渇望し続けてきていた。懇願・祈願し続けてきた“英雄”の降誕に、日本中から「嬉し涙」がとめどなく流れる…それがこの社会現象へとつながって現われている。そして我々の未来へと、「神の深翼」を現出させ続けるのである。


  ∽ Nexus-Circle ∽

10月2日、午前0時30分、凱旋門賞のゴールへと向け、私たちの想いは一つとなる

日本のホースマンや関係者、そして各界の著名人をはじめとして、現地フランスへは1万人を超えるファンが駆け付けるという。そしてロンシャン競馬場には5,000人〜8,000人を超えるファン・サポーターが入り、大声援を送ることが予想されている。
一方、ここ日本でも一部のWINSがパブリックビューイングとして開放されるという。そして日付が変わろうとする、その瞬間から日本国民の視線はNHKに釘づけとなる―。
かつて、これほどの馬がいただろうか?いや…類例は一つも思いつかない。

ここでディープインパクトへ寄せられている著名人の応援メッセージを公開しよう。

☆彡蛯名正義騎手
「最近の海外での活躍を見れば、日本馬の実力が世界の強豪たちと互角以上にあるということは、いまさら言うまでもありません。順調にレースを迎えることが
できれば、歴史的快挙が実現するはずです」

☆彡井崎修五郎(競馬評論家)
「ディープインパクトはスピードとスタミナの両方を併せ持つ生粋のステイヤー。内に閉じ込められたりせず、自分の力を発揮できれば勝てる!」

☆彡橋口調教師
「ディープインパクトがベストであれば、ハリケーンランにだって負けないと思うよ。凱旋門賞を勝ってもらって、有馬記念でまた対決したいね」

☆彡伊集院静(直木賞作家)
今秋、ロンシャン競馬場で戦われる第85回凱旋門賞は誰かの人生に幸運を与えてくれるのだろうか。できればそれを喜ぶ人々が、私の敬愛する騎手や生産者、調教師たちであればと望む。いずれにして語り継がれる秋であれ」

☆彡矢部美穂(タレント)
「ロンシャンに駆け付けて応援します。だって私はディープの「勝利の女神」。ディープはロンシャンで無事に走って、もちろん勝って帰国してほしい。私は馬券を的中して、旅費、衣裳代、お土産代、帰国後の馬券代、過去に負けた馬券代(笑)を一気に取り返すつもり。ディープとともに私も“負けられない”海外遠征に挑みます!」

☆彡若規千夏(タレント)
「いよいよ凱旋門賞ですね。今まで、ず〜っとディープインパクトのレースを見てきたけど、やっぱりこの馬が一番強い!フランスでもディープらしい強さを見せてほしいなぁ」

☆彡アンタッチャブル(お笑い芸人)
凸柴田英嗣
「ライバルと目されていたハリケーンランが前哨戦のフォワ賞で2着に敗れました。ということは…やっぱりあんた(ディープ)が世界1!」

凹山崎弘也
「ディープもすごいプレッシャーだと思うけど、負けずに頑張れ。ただ、まぁ正直、一番プレッシャーを感じてるのは僕だけどね(?)」

☆彡加藤善孝(プロボクサー)
「ディープとボクにはちょっとしたつながりがあるんです。ボクが試合に勝った後、ディープがレースに出ると絶対に勝つんです。ボクが唯一負けた試合の後、ディープが有馬記念で負けたんですよ。俺のせいで負けたの?って思いましたよ。トランクスをディープの勝負服柄に替えたのはそれからですね。そこからはお互い無敗なんです。この前ボクが試合に勝ったんで、凱旋門賞は絶対にディープが勝ちますよ」

☆彡藤田幸希(女子プロゴルファー)
「正直、競馬はあまり詳しくはないんです。ただ、ディープに関しては、レースでぶっちぎりで勝つ姿に一目惚れして、ファンになってしまいました。キャディーバッグにもたくさんのディープのキーホルダーをたくさん付けています。いよいよ凱旋門賞ですが、本当に心の底から応援しています。勝っても負けても、感動を日本に送ってほしいと思っています」

☆彡鈴木淑子
「とにかくディープインパクトの持てる力をすべて発揮できるレースになってくれれれば、夢のような歴史的瞬間が見られると信じています。ちなみに当日はモカ色の生地に茶色の羽根をあしらった新しい帽子をかぶって応援します」


競馬場で感動のあまりに涙を流す少女がいる。
競馬場で、まるでサッカーのサポーターのように、金子氏の勝負服Tシャツを着た若者が溢れかえっている。
さまざまな社会現象が起こり、その名を知らない者などいなくなった。

いま、この日本で、大きな奇跡がうねりを上げ、神々しい光を放っている。

有史以前の遥かなる太古の時代から、我々と馬の関係はずっと続いてきた。乗用として、食用として、はたまた戦地を駆け抜ける軍馬として…私たちは馬に信頼
を寄せ、愛を注ぎ、馬と共に歴史の道を歩んできたのだ。そして2002年―…その
集大成とも言える究極の競走馬が、競馬主要先進国であるヨーロッパや北米以外
の小さな島国に舞い降り、いま世界の頂点へ臨もうとしている。

これまでどれだけの人々が馬へ情熱を傾け、生涯を送ってきたのだろう…どれだけの馬が人間へ寄り添い、その一生へ尽くしてくれたのだろう…永遠に続く天使たちのメロディーが涙となり胸をつたう。

ディープインパクトが幼少時代を過ごした北海道から大声援が上がる。夢を絶たれた同期生、カネヒキリ、シーザリオ、アドマイヤジャパン、シックスセンス、アドマイヤフジたちがエールを送る―…美浦からも、栗東からも熱い応援がこだまする。兄ブラックタイド、弟オンファイア、ニュービギニングたちも澄んだ瞳をフランスへと向け、兄弟の偉業達成を信じている。

日本中が小さな1頭の競走馬を応援している…。


そして、天国からも…

同期のラインクラフトが乙女の祈りを捧げてくれている。
早逝した先輩三冠馬ナリタブライアンが、凱旋門賞へあと一歩まで迫ったエルコンドルパサーが、ディープインパクトの後押しをしてくれる。
サイレンススズカが、アドマイヤベガが、メジロマックイーンが、武豊の背中を押してくれている。そして、父サンデーサイレンスが天からそっと見守り、力を与えてくれている―…。


絆と想いは大きな一つの円になり、フランスの空へと飛んでゆく…。

宇宙という名の無限の海に、巨大な彗星が掠めてゆく…
競馬の歴史だけでなく、馬の歴史をも根底から揺るがすような馬が、いまこの時を生きている。

ディープインパクトに出逢えたこと、幸せに思う。


写真は私が大学卒業後、通いつめた翻訳学校の友人である。私を含め、17人という小さなクラスであったがみんな仲が良く、夢へ向けて懸命に努力していた。クラスメイトの一人に、本当に天使のような笑顔を見せる女の子がいた(写真中央)。

   
              
                           

彼女の夢を想う気持ちは真剣そのもので、真っすぐ。その瞳は純粋無垢で、与論島の海のように澄んでいた。あんな綺麗な眼をしているのは、あの娘とディープインパクトしか見たことがない。
彼女は今も大切な友達である。そんな彼女が大切にしている言葉を、ディープインパクトと武豊騎手、池江調教師をはじめとする厩舎スタッフの皆さんや生産者であるノーザンファームの方々、またその他関係者のみなさん。そしてディープインパクトを応援するすべての人へ贈りたい…


“If you can dream it,
    you can do it!”
(夢見続けることができるなら、夢は叶えられるよ!)


遥かなる青い空

ポプラ並木をそよぐ風

砂浜を打つ泡波

手をつなぐ2人の恋人

月と太陽

悔しさと喜び

悲しさと嬉しさ

虹の星風を追い風に

日本のすべてを翼に乗せて

10.1、ディープインパクトが世界の空を翔上がる―。


ディープインパクト記念館 * 02:57 * - * - *

スポンサーサイト

- * 02:57 * - * - *