<< ピーターパン(AUS) / main / 驚愕競走部門(1) >>

第二メルボルン

  【第二メルボルン】

 〜まほろばの南十字〜

―明治時代に生きた
     神話級の女帝―



父 ?
母 ?
母父 ?

生年:1904年
性別:牝
毛色:鹿毛
国籍:日本
生涯成績:35戦29勝[29-5-1-0]

日本において、史上最初に「名馬」という認定を受けたのはバンザイ(紹介済み)であるが、明治・大正時代には他にも常識外れの名馬たちが、瞠若たる面持ちで闊歩していた。横浜・根岸競馬で言うならタイフーン、英(紹介済み)、シャンベルタン(紹介済み)らがその代表格と言え、とりわけ、根岸競馬時代の最強馬と推察されるのが英(ハナブサ)である。
時代はめぐり、1900年代に移ると輸入馬が競馬にあける大多数を占めるようになり、純粋な国産馬は排他・廃絶の道を辿り、それらの馬生は風前の燈となってしまう。

明治時代の競馬というのは現在で言う中央競馬のように統合されたものではなく、日本各地で施行されていたこともあり、その時代の中心にいた馬が今ひとつ明瞭としていない。
本馬、第二メルボルンは、そんな玉石混淆の混沌たる時代に舞い降りた、幻の明治期最強最高の名馬であり、今や忘却の世界へと追いやられた幻霧幻影の女傑である。おそらく、バンザイ、英、ミラ、ピューアゴウルドらよりも強いだろう(全馬紹介済み)。



〔いまは悠久の雰囲気を放つのみの根岸競馬場跡〕

第二メルボルンは、明治39(1906)年に日本へとやって来た。現在で言うマル外に当たるわけだが、その巨体から放たれる幽艶なるオーラは、まるで天女の羽衣を纏っているかのようだった。そう、明らかに当時の内国産馬とは体型から造りまで、まるで違っていたのである。
最初はコットン氏の仮名を用いていた佐久間福太郎氏の馬として、“イスズ”という名で登場することになる。その年の暮れ、田舎では冬支度が忙しく進められている神無月の11月2日、横浜競馬場へついに出現。1,600mでデビューを果たすと、翌日3日、1,200m戦に出走。イスズこと第二メルボルンは、ここでこの世のものとは思えない強さを見せ付ける。冬枯れし、凸凹になった馬場状態だったにも関わらず、1分7秒6という現代の2歳馬でも中々出せないような絶次元のミラクルレコードを記録。この光景を目撃した者たちは、あまりの凄まじさに呆然とするしかなかったという。第二メルボルンの噂はたちまち広まり、東京競馬クラブの池上競馬場に転戦した時にはイスズの戦慄の強さが知れ渡っており、当初登録していた馬たちは次々に匙を投げ回避。信じられない事に、結局33頭いた登録馬、全頭がイスズを除いて全て回避してしまったというである。こうして池上競馬場での第1戦はなんと単走(ウォークオバー)になってしまった。この後一勝して6戦全勝とした後、イスズはコットン氏からアレキサンダー氏(平沼氏?)へトレードされ、名前も第二メルボルンと改名された。
オーナーと名前が変わろうと、第二メルボルンは全く変わらなかった。牡馬も古馬勢も目にもくれず薙ぎ倒し、レコード・圧勝の連続で横浜ダービーを迎える。しかし、ここでも他陣営はあまりの鬼神のごとき強さに震え上がり、全馬が回避してしまう。2度目の単走であった。
天女の泡衣に身を包んだ鬼夜叉は、その後も国史無双の途方も無い強靱性を曝け出し、勝ち進んだ…。

大昔の相撲界に「雷電」という名の伝説の力士がいた。物凄い大男で、張り手で対戦相手をあやめてしまう程の怪力の持ち主だったという。第二メルボルンは、「競馬界の雷電」とは言えないか。太古の日本に君臨した2者の怪物は、どこか重なるものがある。それというのも、当時の競馬は相撲と同じように番付表が存在し、第二メルボルンは横綱に選定されているのである。

年齢を重ねると、さすがの第二メルボルンも惜敗を繰り返してしまうが、これは斤量のためと考えられる。当時は年が多ければ多い程、酷量を背負わされていたのである。推考するに、60〜65kg以上は背負っていたことだろう。

明治の日本競馬へ降り注いだ巨大なる隕星、「第二メルボルン」。南十字星が瞬く島からやってきた天女。彼女の血を継いだ馬は空虚の彼方へと消え去り、幻の伝説だけが、残された――…。
 
  
☆『浮世絵・明治の競馬』(小学館)によると、第二メルボルンは、明治40年に出された「馬鑑」という競走馬の番付表に、東の横綱として格付けされている。ちなみに、西はヒタチ(常陸)という馬だったらしい。

☆当時の時代背景は、政府によって馬券の発売が黙許され、全国に競馬場が乱立して人々が馬券の面白さに夢中になった我が国初の競馬ブームというべき時代であった。結局たった2年後に馬券禁止令が出て競馬暗黒時代に突入するのだが、昭和の競馬ブームの中心にハイセイコー、平成の競馬ブームの中心にオグリキャップが、そして21世紀初の競馬による社会現象にディープインパクトがいたように、明治時代の競馬ブームの中心的存在として第二メルボルンがいたようだ。

☆第ニメルボルンの血統は不明。どうも明治39年に輸入されたときに血統書を紛失してしまったらしい。

☆単走となった明治40年秋の横浜ダービーを、当時の雑誌や新聞は次のように報じている。単走の模様について、「騎手神馬悠然として馬上に打ちまたがり、まずはこの馬の走りっぷりをご覧なせえ、とばかり馬場を一周する。観客はただもうやんやの喝采をおくるのみ」まるで現在の引退式のようである。

☆第二メルボルンは、明治44年頃までは競走馬を続けたらしいが、昭和42年11月暮れの出走を最後に、出走記録は途絶えている。


〔第ニメルボルンの成績書〕

☆第二メルボルンは、現役時に10のレコードタイムをうち立て、デビュー時からの連勝は残っている記録が全てだとしたら22連勝となる。これは、国営競馬時代の記録シユンエイ(紹介済み)の20連勝を上回る。

☆現在第二メルボルンの名を知るものはほとんどいない。馬券禁止時代に競馬は民衆とほとんど断絶したような状態となったため、人々の中の名馬の記憶自体も断絶してしまったものと考察される。

☆第二メルボルンは引退後、北海道荻伏の大塚助吉牧場で繁殖馬となり、オーニギシ(父イボア)という牝馬を生んだが、自身のポテンシャルを引き継ぐような馬を生むことはなく、大正7年、この世から去っていった。現在、その血統を継ぐ馬はただの1頭も残っていない。



   

奇跡の名馬 (日本の名馬) * 11:10 * - * - *

スポンサーサイト

- * 11:10 * - * - *