<< 驚愕事実部門(45) / main / 美ら海の見える丘に風が吹く時(2) >>

トカラ

   

〜西の果て…
   絶界の名牝…
     太陽の愛香〜


父 チンガグック
母 トルシアル
母父 ペルシアンガルフ

生年:1959年
性別:牝
毛色:青鹿毛
国籍:スペイン(エスパニャ王国)
生涯成績:不詳

ヨーロッパ南西、イベリア半島の約5/4の面積を占める王国、スペイン。通称イスパニアと呼ばれるこの国は、フランス・ポルトガルの2国に面し、大西洋の荒波と地中海のシーブリーズを臨んでいる。実は意外な地域にもその領土を広げており、カナリア諸島、バレアレス諸島、そして北アフリカのセウタ、メリリャなども領有している。そんな西欧の異郷ともとれるアンダルシアが送り出したスペイン史上最強最高の名牝にして、「絶界の名牝」とも賛嘆される馬が、本馬トカラである。

スペインはオリーブ、オレンジ、ブドウの栽培が盛んで乾燥した土地が多く、潅漑が進められている。ギラギラと輝く赤い太陽の下、育まれる農作物に同じく、トカラも太陽の慈悲に抱かれ、立派に成長の証を記していった。

   
〔アンダルシア地方のヒマワリ畑〕

トカラは1961年に競走馬としてのデビューを迎えた。そこまでの目立った動きはなかったが、その清廉な眼差しは世路を見据える生きる力で漲溢としていた。
巨体を揺り動かし他馬を一掃。淒烈たるそのモーションは見る者を圧倒し、競合する他馬を萎縮させ、そして騎乗者を快楽の世界へと誘った。
わずか数戦たらずで同世代に敵がいないことを周囲に誇示すると、いよいよクラシックの道へ嚮往(きょうおう)してゆく。ライバルなき無人の荒野を烈走するトカラが、無限のポテンシャルを剥き出しにスペイン競馬界を遍く魅了しはじめていた。第一戦ヴァルデラス賞(スペイン1000ギニー、芝1,600m)では馬なりのまま楽走。手綱が抑えられたままだったのはもはや当然とし、ジョッキーが前を向いたのはゴール板と走路の確認のみで、後は終始他馬の動きをじっくりと観るだけだった。
さらに二冠目となるビーモンテ賞(スペイン・オークス、芝2,400m)では3Fが33秒台では?と、思える程の神懸かった烈空の末脚を見せ、一瞬にして他馬を下界へと沈め、大差の圧勝をおさめてしまった。

二冠に輝いたトカラは、もはや荒唐無稽な強さを見せ付けていたが、三冠となると不安説を唱える者も少なくなかった。三冠目のヴィラメジャー賞(スペイン・セントレジャー、芝2,800m)は、長距離に加え、ダービーや2000ギニーの勝ち馬をはじめとした牡馬の最上位クラスが相手となるため、思わぬ苦戦を強いられる傾向が色濃く現われるレースなのである。前年の1961年もフォリエという牝馬が二冠を達成するも、三冠は遠かった。こうした実例からも、トカラが敗れるとすれば、このレース以外に考えられないと、評論家はじめ大多数の者が憶測を立てていた。

慌ただしく時は流れ、ついにヴィラメジャー賞、当日がやってきた。木々から差し込む木漏れ日を浴びるトカラの馬体はピカピカに煌めきを放ち、レースへの期待をより一層盛り上げた。巨体を揺らめかせ、他馬を威圧し、突き進んでゆくトカラが、翼をもった巨大な獏か象のようにズンズンと牡馬たちを交わし去ってゆく。大楽勝だった…手綱が緩められ、解き放たれたトカラは猛烈な加速で一方的に引き離してゆく――。



スペイン競馬史上初となる三冠馬誕生。スペインでの次となる三冠は、牡牝合わせても1975年のデュアルシーの登場をまたねばならない。トカラへの祝福の言葉と三冠を祝う饗宴は、夜更けまでおさまることがなかった―…間違いなくスペイン競馬史上最強最高の名馬誕生の瞬間であり、トカラが世界へと飛び出してゆくための一つのステップであった。

ところが――…

雪泥の鴻爪(こうそう)…つまりは足取りが解らない、行方知れずとなってしまっている。しかし、決して誘拐などされた訳ではなく、その後の蹄跡を詳しく明瞭に記した資料・文献が全くと言っていい程ないのである。そうは言っても、国内で無敵状態だったことだけは確かで、その能力の比類無き高さは、疑う余地もない。

   

西の果て、輝く紅く円い太陽のプリズムが海を照らす――…瑠璃色の瀲艶(れんえん、小波がしきりに動く様子)はオリーブの香りを乗せる愛諷。アンダルシアの蒼空を愛した史上最強牝馬は、自然と一つになり、イスパニアのすべてを抱き締めて、未来(あす)を見守り続けている――。


  ★彡追記メモ★彡

☆スペインの三冠馬は、デュアルシーとトカラの2頭のみである。

  
〔その脅威的強さは“破壊の女神”そのままだった〕

☆トカラ以外に二冠馬は16頭現われたが、三冠の偉業を成し遂げる馬は結局出現しなかった。


                            

☆1997年以降、スペインでは三冠競走路線が牡牝ともに開催中止となり、21世紀を迎えた現在も施行されていない。すなわち、トカラは永久不滅・唯一頭となる牝馬による三冠達成馬と言う事になる。

奇跡の名馬 (西欧・地中海・北欧諸国の名馬) * 00:09 * - * - *

スポンサーサイト

- * 00:09 * - * - *