<< 青空とちゅら海 〜『うみねこ博物館』開設1周年メモリアルColumn〜 / main / 第67回 皐月賞 >>

アリエル ‐Ariel‐

『うみねこ博物館』開設一周年記念!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆
スペシャル「奇跡の名馬」
☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【アリエル】

   〜天使の角笛〜

―米国競馬伝説の怪牝―



父 アメリカンエクリップス
母 ヤングエンプレス
母父 フィナンシャー

生年:1822年
性別:牝
毛色:?
国籍:アメリカ合衆国
生涯成績:57戦42勝[42-14-1-0]

競馬という幾千もの歴史を紡ぎ上げてきた星図には、突如として信じられない能力をもった牝馬が降誕する目には見えない潮流が確かに存在している。

幾つかの類例を列挙してみよう。

■1833年生 ビーズウイング■
〔イギリスに生まれ、64戦54勝という凄まじい成績を残し、牝馬には分が悪いと言われる長距離戦を勝ちまくった伝説の名馬〕

■1851年生 ヴィラーゴ■
〔19世紀における欧州最強牝馬。アスコットゴールドCなどを楽勝。無敗の英国三冠馬オーモンドより強いと言われる〕

■1874年生 キンツェム■
〔54戦全勝。ハンガリーが生んだ奇跡の名牝。もちろん当時の最強クラスの牡馬相手に楽勝している〕


…他にも、12戦不敗のクルシフィックスや、英国2000ギニーと英国ダービーを連勝したショットオーヴァー、ジャマイカ三冠を楽勝したシンプリィーマジック、スペイン三冠馬トカラ、トルコクラシック四冠馬ミニモ、ブラジル・サンパウロ無敗三冠馬エメラルドヒル、ケニアのダービーとオークス両頂点に立ったティンセルタウン、20世紀英国最強牝馬プリティポリー、アルゼンチン四冠馬ラミッション…などなど、以上に上げた牝馬たちは、距離不問で同時代に生きた最強牡馬陣に完勝しているのが共通点。他にもまだまだいるが、日本ではクリフジがこのタイプに当たる名牝と言えるだろう。
さて、あらゆる資料・文献を韋編三絶し、私が探出した世界最古の最強牝馬が本馬アリエルである。アリエルが生を受けたのが1822年だから、あのビーズウイングの10年以上前、キンツェムからは半世紀も以前の時代を生きた馬ということになる。
※上記に上げた馬は、クルシフィックスとラミッション以外は紹介済み。


…――「何の話をしているの?」
翻訳専科の教室で、私は友人のK子に何気なく尋ねていた。

「オカピ。彼女たちとオカピの話をしてたの」

「オカピ?」

オカピとはキリン科の哺乳類で体長は約2m。首や四肢はキリンのように長くなく、体型は馬に似ている。雄には短い一対の角を有しており、毛色は全体としてチョコレート色だが、四肢の下部はクリーム色。1900年のアフリカで初めて発見された珍獣である。


オカピ

                              
ガゼル


「彼女たち、話す内容もほんとほんわかしてて、和んじゃう(笑)」

オカピについて話していたその少女は、清純可憐で純粋な心を持っていた。そして何より、誰にも真似できない狹兄箸糧笑み瓩できる娘だった。



アリエルを文献から見つけた時、彼女を思い出した。「アリエル」という天使の呼称とも思える名の由来はガゼルにあった。そしてガゼルはオカピを想起させたのである。“天使”と“オカピ”、二つのフレーズに彼女の屈託の無い純粋無垢な笑顔を、思い出さずにはいられなかった。


                          
〔今も忘れない。同性でも思わずホンわかと和む、天使のような彼女の微笑を〕



アリエルは、とてつもない大海のスタミナと強靱な精神力、そして傑出した身体能力を誇っていた馬だったようだ。なんと6,400mものダート戦を28戦使い、内18戦を大勝したという。また桁外れに頑強な馬体を誇っていたらしく、衰えることなど知らず、8歳まで競走生活を続けた。驚嘆すべきはその生涯を通した走破距離にあり、なんと345マイルを走ったという。これは54万9千mも走り抜いた計算になる。まだ調教技術や騎乗技術が発展途上にあり、おまけに馬場が荒廃しきった中行われていたレースでこれだけの成績を残したアリエルは「奇跡の存在」と評しても、異論を挟む者はおるまい。
私が推考するには、19世紀米国最強牝馬は彼女であり、その幽邃かつ黝艶な逸話から発せられるオーラは最強馬のそれに相違ないと言えよう。


米国競馬の創世期に舞い降りた天使の名馬。
淡い泡波の風枕にメロディが乗せられる…角笛から響く音階に頬笑みを携えて。



               


                           


  ★彡追記メモ★彡

☆アリエルは非常に小さな馬だったという

☆アリエルはメッセンジャーの3×4*4*4、マンブリノの4×5*5*5、ターフメアの4×5*5*5、そしてエクリプスの5×5という超多重クロスを血統中に内包している。幻想的な強さの秘密はここにあるのかもしれない。

奇跡の名馬 (アメリカ合衆国・カナダの名馬) * 09:04 * - * - *

スポンサーサイト

- * 09:04 * - * - *