<< 琉球涅槃 / main / ベラミロード >>

レンブラント

  【レンブラント】

〜相愛と芸術の二重唱〜

‐世界馬場馬術
    完全制覇の名馬‐



父 不詳
母 不詳
母父 不詳

生年:1977年
性別:牡
毛色:鹿毛
国籍:ドイツ
生涯成績:‐

馬と人が一体となって織り成すスポーツ…競馬、乗馬、ポロ競技…そんな馬のスポーツの一つに、二者の全てが重なり合ってこそ初めてその存在が“究極美”となって現出されてくる特異な競技がある。そう「馬術」がそれである。
馬術には多種多様な競技項目がある。馬場馬術、耐久競技、障害飛越…ちなみにこれら3種目を3日間で列挙順にて行い、その減点総計によって勝敗を決める馬術競技を総合馬術という。3種目すべてにおいて同一の馬に騎乗しなければならず、元来は軍馬の能力審査を目的として行っていたものが競技化したものなのだという。

そんな馬術競技の一種である馬場馬術は、平坦な60m×20mの馬場内で、規定の演技を定められた時間内に立て続けに行い、正確性、美しさを競う競技。常歩(なみあし)、速歩(はやあし)、駈歩(かけあし)の組合せにより、円を描いたり、蛇行、後退、停止・発進、回転、横歩き、パッサージュ(極度の短縮速歩)、ピアフェ(短縮速歩による足踏み)などの演技を行い、それらを採点する。演技順序の誤りや時間超過は減点の対象。審判員は各運動課題ごとに10点満点で採点を行い、その合計点で順位は決定される。
そんな馬場馬術のカテゴリーにおいて、王者の輝きを放射し続けた偉才の名馬…それこそが彼、レンブラントである。
いまだ威光を失わない偉大なる競技馬の生涯を見てゆくこととしよう。




「絶対に最高のパートナーとめぐり会って、五輪で優勝してみせるわ」
ドイツに暮らすニコル・ウプホフは、馬好きが高じて馬術界の頂点を志すようになった。可憐な体型と類い稀なテクニックが自慢の少女で、彼女の馬術における才能は恍惚の世界へと誘うかのような魅惑的な煌めきを常に有していた。目にした誰しもが眩耀な光暈に包まれ、至福の時を謳歌する…―。

1980年代の初頭、ついに神様の用意した運命の出会いが、彼女の前に舞い降りる――。
ある日、ニコルはウエストファーレン種の鹿毛馬に一目惚れし、即断即決で購買。熟慮、熟考を決して怠らない彼女が、少し興奮気味に「理想のパートナーを見つけた」と、熱を上げ主張する。いつもと違う、平静を崩した彼女がそこにあった。周囲は目を剥いて彼女の説得を試みたものの、彼女の瞳は揺るぎない自信と決意の色に漲っていた。結局のところ、説得に応じた者は皆強固な想いに打ち拉がれ、行く末を見守ることに。



〔ニコルとレンブラント〕

彼女の断行が正答だったことが白日の下となるに、そう時間はかからなかった。
“レンブラント”と命名されたこの馬は天才的なまでに神懸かった秀逸な才能を披露した。騎乗しても、曳き馬をしても、まるで湖面の水鏡のように冷静沈着で、いかなる指示にも従順だったという。

さて、“レンブラント”という名前についてだが、既にお気付きの方も多いのではないか。そう、オランダが生んだ17世紀最大の画家レンブラント(1606〜1669)が、彼の名の由来である。代表作に『夜警』、『デュルプ博士の解剖学講義』、『ユダヤの花嫁』など。強い明暗対比、まろやかな色彩を特徴とする芸術性・画風から「魂の画家」と呼ばれるように、自己の内面を吐露した宗教画、肖像画、風景画、神話画などに多数の傑作を残した。


     
〔レンブラント〕


        
〔『夜警』〕

厳格なる後光を纏う絵画の巨匠。そんな彼をも時空を飛び越え魅了するレンブラントとニコルのパフォーマンス。1987年以降、イタリアにおけるジュニアライダーヨーロッパチャンピオンのタイトル獲得を皮切りに、世界中の選手権やグランプリの勲章・優勝カップ・メダル等が、次々と棚へ机へ陳列されてゆく。まるで魔法でお菓子が撹拌され、そして造出されていくように…。
ニコルの夢は、オリンピックでの金メダル獲得だった。
「レンブラントと一緒なら、絶対に夢を叶えられる。私は信じてる。彼を――」


そしてついに、1988年のソウル五輪にて、ニコル積年の念願が成就する。

正に人馬一体、天香玉兎のラプソディー。

寸分の狂いもなく連動する月と太陽の浮音。

フィナーレに星光爛漫のピルエットを――……。

フットライトの微光の中、アラベスクが描かれる。
桜花満面の笑顔でレンブラントへ寄り添うニコルの首には、金色に光る「夢の宝石」が、眩しく燦然と輝いていた――。


                           


二人が織り成す信愛の二重唱を、讃えるかのように。

キラリ、キラリ。

久遠の時の中で――…。





  ★彡追記メモ★彡

☆ニコルとレンブラントのカップルはソウル五輪後も世界を股に架ける大活躍。
1992年のバルセロナ五輪でも芸術的完璧な演技を披露し、見事2大会連続、2度目となる金メダルを手中に収めた。

奇跡の名馬 (仏国・独国・伊国・愛国の名馬) * 08:06 * - * - *

スポンサーサイト

- * 08:06 * - * - *