<< ディープインパクト三冠祈念馬券 / main / グランザァール >>

ヴェルヴェキャンディB

 【ヴェルヴェキャンディB】

〜瑠璃色と
   琴風のキャンディ〜

―プエルトリカン・
  レジェンド・ホース―



父 ダブルデェワン
母 ハイリーインプレッシヴ
母父 ハイエシェロン

生年:1988年
性別:牡
毛色:芦毛
国籍:プエルトリコ
生涯成績:87戦64勝[64-14-5-4]

米国の領土であるプエルトリコには、信じられないような成績を残した馬が、何頭も出現している。159戦137勝のガルゴジュニア…77戦72勝、未来永劫に不滅の56連勝記録を紡ぎ上げたカマレロ。254戦もの戦績を汐歴の彼方へと残し去った麟角鳳觜とも言えるパールバックスキンの毛色をもち、白毛馬の遺児でもあるヴィスケス島のネヴァード…そして324戦197勝の極光を燦然と解き放ち続ける奇跡の馬コリスバール…。

恋連の琴歌が南風として砂浜を愛でるこの島へと邂逅を見た偉大なる名馬の記憶と浪漫譚。その中でも最も絶大な支持とファンの声援を独り占めにスポットライトを浴び続けた偉大なるチャンピオンホースが存在する。その馬こそが、本馬ヴェルヴェキャンディBである。

1991年、プエルトリコ三冠馬に輝き、同年にクラシコ・インテルナシオナル・デル・カリべをも制した完全無欠の名競走馬。 そして彼は、プエルトリコで初となる100万ドルホースという星光爛漫たるタイトルを手中へと収めたという、いわば“プエルトリカン・レジェンドホース”なのである。
…――透き通った瑠璃色のシーブリーズに乗せて、彼の足跡を見てゆこう…









カンデラリオ・ボニーヤ調教師によって競走馬としての手ほどきを受けたヴェルヴェキャンディBは「オイステキャンディB」との命名がなされていて、エドウィン・カストロ騎手を背に、1990年8月8日に行われたレースを鮮やかに勝利し、見事デビュー戦を飾っている。

1991年、“オイステ”キャンディ・Bに一大変革が起きる。 その年、彼はルイス・ヘルナンデス氏の手元へと渡ったのである。要するにオーナーが変わったわけで、それにともない馬名が変更されることに決まった。
これが幸運と脅威的な強さをもたらしたのだろうか…プエルトリコの三冠競走であるプエルトリカンダービー、コパ・コベルナドール、そしてコパ・サンファンを次々と鯨飲。勢いは止まるところを知らず、なんと13連勝を記録する他、同年のクラシコ・ディア・デラ・ラサおよび、クラシコ・バドワイザーも大勝。 そして年の瀬も迫った12月、ヴェルヴェキャンディBはプエルトリコのエル・コマンダンテ競馬場で催されることとなったクラシコ・インテルナシオナル・デル・カリベ(カリブ国際)へ、プエルトリコ代表馬として、威風堂々と出陣。しかし、あのディープインパクトが初の古馬相手となった有馬記念で苦杯を舐めたように、どこか競馬という概念・理念には不条理なところがあるもの。またそれが競馬である訳だが…。話がずれた。車輪を元に戻そう…カリブ海最高峰の競走すら、 ヴェルヴェキャンディBにとっては通過点にしかなるまい…と競馬関係者はもちろん、ファンの誰しもが推敲していたが、ここに思わぬ落とし穴があった。
フリオ・A.ガルシアが渾身の騎乗を見せるも、外国馬2頭に突き放され3着。力負けとも思える内容に、島民は非望に暮れた。


ところがである。この1戦にはまだ続きがある。

1週間後、ヴェルヴェキャンディBを悔涙の底へと突き落としたベネズエラ代表馬リオチャミタとランドレアの2頭から禁止薬物が検出。ただちに2頭の成績は無効、賞金も剥奪となり、ヴェルヴェキャンディBはやはり“プエルトリカン・レジェンド・ホース”であると崇愛されるのであった。


1992年、彼の4歳時は15戦14勝。93年には再び13連勝をマーク。

6歳時には、前年のカリブ国際の覇者ヴァーゼッツジェットと真っ向から対峙し、名勝負を演出。三冠馬の意地と誇りを見せ付けた。
無敵の最強馬として島を勇躍闊歩し続けたヴェルヴェキャンディBのヴィクトリーロードは永遠に続くかに見えたが、終焉はふとして訪れを告げた――。

1995年、クラシコ・ルイス・ムニョス・マリンへ出走した際、故障発生。幸いにも大事には至らず、無念の引退となった。


種牡馬としてのキャリアを積むものの、1998年、彼は競馬場へと帰って来た――。

歴史はかくも繰り返してしまうものなのか――ガルゴジュニアやカマレロが酷使の果てに辿った末路をなぞるように…1998年8月9日早朝――ヴェルヴェキャンディBは人道的に安楽死させられるのだった――……



瑠璃色の漣鴛と海の琴韻の中、伝説は今、泡波として大海へと帰っした――――………




  




  ★彡追記メモ★彡

★ヴェルヴェキャンディBの獲得総賞金は、116万7625.46ドル。

★ヴェルヴェキャンディBは、二度(1991、1992)プエルトリコ年度代表馬に選出された。

奇跡の名馬 (中米・カリブ海の名馬) * 04:30 * - * - *

スポンサーサイト

- * 04:30 * - * - *